2011年02月21日

半身浴をするときには

簡単に行うことができる半身浴ですが、正しい方法で行うことによって、汗のかき方、体の温まり方が違います。
半身浴の正しい方法でまずポイントとなるのが、体のどこの部分までお湯につけるかです。
基本としては、体のみぞおちから下をお湯につけて、腕は浴槽から出します。

半身浴をするときのお湯の温度としては、38℃から40℃くらいに設定しておきます。
普段入浴しているときよりも、少しぬるいなと感じるくらいの温度です。
40℃以上の高温にすると心臓に負担がかかるため注意が必要です。
そもそも半身浴は体をゆっくりと温めてじわじわと汗をかく方法なので、汗をかきはじめるのに20分ほどかかります。

腕をだしているので、肩などが寒いと感じたら肩からタオルをかけるといいです。
このときタオルは乾いたものを使ってください。
お湯でしぼったタオルをかけると、タオルが冷たくなっていくのと同時に体の体温が吸収されてしまい体が冷えてしまうからです。

もうひとつのポイントとしては、半身浴を行うタイミングです。
食事をしてすぐに半身浴することは避けてください。
食事をした後は、食べた物を消化するために盛んに内臓が動いています。
このときに入浴してしまうと体に負担がかかってしまいます。
また満腹のときに半身浴をすることも避けてください。

半身浴をするときには、お風呂用のいすを使うなどして姿勢や湯量を調節すると入りやすくなります。
半身浴をしている間の姿勢が負担にならないことが大切です。

ローカロ生活
posted by burojiro at 18:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。