2011年03月26日

不必要なものとがあります

無線LANの機器は、無線局の免許が必要なものと、不必要なものとがあります。
前回、主な規格としてご紹介いたしました、IEEE 802.11は、免許が不要なものですので広く普及しています。
1997年、IEEEで初めに規格統一された無線LAN規格がこれなのです。
読み方は、英語の場合、「I triple E eight O two dot eleven(アイ トリプル イー エイト オー ツー ドット イレブン)」と読み、日本では、「はちまるに てん いちいち」と呼ぶことが多いようです。
少し専門的なお話になりますが、IEEE 802.11は、主に物理レイヤ規格とMACレイヤ規格から構成されています。
特徴といたしましては、ひとつのMACレイヤ規格で複数の物理レイヤ規格をサポートしてくれます。
また、2.4GHz帯の無線だけではなく、赤外線の物理レイヤもサポートする規格です。


青汁
posted by burojiro at 16:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。