2011年08月23日

属性が多少違うので

「リスティング広告」とは、検索エンジンで結果表示された画面の右側や上部スペースに、検索されたキーワードと連動しているテキスト広告を表示するものです。
つまり「Googleアドワーズ」はリスティング広告というわけです。
リスティング広告には、Googleアドワーズの他にも代表的なものとして「Yahoo!リスティング」が挙げられます。
Yahoo!リスティングの主要配信先は「Yahoo!」で、Googleアドワーズの主要配信先は「Google」というわけです。
主要配信先以外にも提携パートナーと呼ばれているものがあります。
「Yahoo!リスティング」の提携パートナーとしては「Excite」や「Bing」や「Infoseek楽天」や「@nifty」や「All About」などがあります。
「Googleアドワーズ」の提携パートナーとしては「BIGLOBE」や「goo」や「livedoor」や「AOL」などがあります。
これらの提携パートナーも合わせると、Yahoo!リスティングとGoogleアドワーズだけで日本のポータルサイト9割以上をカバーできているそうです。
したがって最も効果的な広告の出し方としては、GoogleアドワーズとYahoo!リスティング両方に広告を出すことが一番いい方法であると考えられます。
ただYahoo!とGoogleではユーザーの属性が多少違うので広告を出す際にそれらを考慮することがポイントとなります。

FX シグナル配信
アイクリーム
posted by burojiro at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。