2011年11月07日

進化したバージョン

HTMLで作成しているホームページのほとんどは、CSSを利用して作られています。
そもそも、HTML自体がほとんどのホームページに使われている限度なので、要するに、この世にあるホームページには、大抵CSSが組み込まれているという事になります。
これは、CSSがCSS2、CSS3と進化していく中でも、変わりはありません。
そこまで普及している背景には、その利便性、すなわちメリットがあります。
CSSを使う上での最大のメリットは、既に言及してある通り「手間が掛からない」という点ですね。
たとえば、リンクの一切ない、1ページだけのホームページを作る場合であれば、CSSを組み込む必要はないでしょう。
そのページだけをHTMLで作るのには、そこまで時間はかかりません。
ですが、これが2ページ、3ページ…と増えて行いくと、その量に比例してCSSのありがたみが増してきます。
ベースとなるデザイン、レイアウトを作る事で、その全てのページに共通する「決まり事」を、CSSで指定できるからです。
これによって、背景となる画像、フォントの種類や文字の大きさ、行間など、様々な事が統一されます。
また、ひとつのページだけ背景を変えたいという場合なども、臨機応変に対応可能です。
CSSは、柔軟性にも富んでいるのです。
そして、たとえ1ページのホームページにでも、CSSを採用するメリットはあります。
HTMLだけでは不可能なデザインを、CSSを使えば再現できるという面です。
これは特に、CSS3のような進化したバージョンであればある程、大きくなるメリットです。

コラーゲン
posted by burojiro at 10:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。