2012年01月10日

時期があります

実はこの潰れる保険会社。
前の記事の押し売り販売と大きく関係があります。
いわゆる、押し売り販売をする保険会社は潰れる可能性が高いです。
押し売り販売をする会社が一体国内にどれくらいあるか。
半分くらいです。
これを考えると、日本の生命保険の半分はなくなる、ということになります。
恐ろしいですね。
2つに1つは潰れると考えると一層慎重に選ばなければなりませんね。

ですが、押し売り販売が有効だった時期があります。
それが高度経済成長期です。
景気が上がると人間は開放的になります。
そうすると、結婚する人も増えて子供が出来ると人口も増える。
この時代は何をやってもなんとかなる時代でした。
この時期は本当に保険に対して需要が高く、営業すればするほど商品が売れました。
だから押し売り販売が通用しました。

では、押し売り販売をしていなくて販売実績を得ているトップの会社はどういう販売の仕方をしているか。
前にも紹介しましたが良い保険会社は保険の知識とともにセールス法も学びます。
そのセールス法を教えるには凄く時間がかかります。
そのセールス法がコンサルティングセールスです。

高度成長期は教育に時間のかかるコンサルティングセールスより押し売り販売の方が売れました。

ですが、今は違います。

浮気調査
posted by burojiro at 08:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。