2012年04月21日

それを脱いでチェックされる場合

例えば、腕時計、携帯電話、お財布、キーホルダー、場合によっては指輪、ブレスレットなど、身に着けていたら、用意されているトレイに入れておきましょう。
私がよく忘れてしまうのが、ベルトです。
ベルトも金属で出来ている部分がある場合は、はずして置きましょう。
ブーツも厚底などを履いていると、それを脱いでチェックされる場合があります。
また、空港によっては、さらに搭乗ゲートの前で、もう一度、荷物検査をしているところもあります。
脱ぎにくい靴だったり、紐が多かったり、靴を脱ぐことも大変でしょうが、協力しなければなりません。
私も以前、国内線の飛行機に乗る際でしたが、編み上げのブーツを脱ぐことになり、搭乗ゲートまで行く時間がぎりぎりになってしまった経験があります。
このように、搭乗手続きを早めにしても、セキュリティチェックに時間がかかる場合もあります。
ですから、念のために最初の搭乗手続きは早ければ早いほうが良いと思うのです。

さて、海外へ外国製品、貴金属などを持ち出す人は「外国製品の持出し届」を記入して提出します。
これを書いて出国しないと、帰ってくるときに、海外で購入した物とされ、帰国する際に、それらが課税される場合もあります。

そして、飛行機に乗る前に出国審査もあります。

ハウスクリーニング 相場
posted by burojiro at 09:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。